七五三・お宮参りなど子どもの写真撮影をするならココ!兵庫県内で特に人気・評判の良い写真スタジオを厳選しました!

百日祝い(お食い初め)の写真撮影をオシャレに撮る方法って?

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/07/21

産まれて100日目の赤ちゃんはまだ首も据わって間もない頃です。まだじっとしているのも難しい時期なので、撮影するにも座らせて「ハイポーズ!」というわけにはいきません。でも、一生に一度の大切な行事ですので、素敵な写真を残したいですよね。そこで今回は、百日祝い(お食い初め)の写真を素敵に撮る方法をご紹介します。

お食い初めの献立と一緒に写真を撮ろう

お食い初めの献立はとても撮影に適しています。「お食い初め」には、旬の素材を取り入れ、地域ごとの様々な食材で縁起の良い意味合いのものが選ばれます。基本は「一汁三菜」ですが、赤ちゃんがこれから生きていくために必要な食材である穀物、海産物、山の幸、汁物、塩をそろえます。

ご飯はお祝いに欠かせないお赤飯、汁物にはハマグリのお吸い物を食すことが多く、メインとしては鯛の塩焼きを置くことが多いので、鯛をメインに写真を撮ると豪華に見えるでしょう。また、タコの酢の物や、煮物なども一層豪華に見せてくれます。

料理だけではなく、料理をよそう食器にも意味があります。男の子用は朱塗り、女の子用は外側が黒塗りで内側が朱塗りの食器を使います。 最近では食器をレンタルする方や、料理を宅配で注文し食器も借りられるなど、全てそろえなくても見栄え良く整えることができるようになっています。費用をかけすぎなくても豪華でおしゃれな食卓を用意することができるのでおすすめです。

また、兵庫の写真館では同様の形での料理サンプル等を用意してくれるサービスもありますので、自宅以外でもお食い初めを再現して写真館で綺麗な写真を残すこともできます。実際に写真館で食事をするのは難しいことが多いので、ご自宅でお祝いをした後に、写真館で綺麗に撮影しておくというのも良い方法かもしれません。

お食い初め撮影の衣装はどうするか

100日祝いの衣装に決まりはありません。季節によっても赤ちゃんにとって心地の良い格好は変わってきますので、赤ちゃんの成長具合や温度によっても考えてみましょう。また、どのようなイメージで写真を残したいかにもよります。

兵庫らしく和風なイメージで撮影する場合には、男の子は袴スタイルなどいかがでしょうか。最近では、袴ロンパースというとても着せやすいロンパースタイプの袴も売っています。

100日目の赤ちゃんはまだまだおむつ替えや授乳の頻度も多く、着せやすい格好であることが不可欠ですので、かっちりした袴を着こむよりは、良いかもしれません。また、女の子もロンパースタイプの袴や着物もあります。また、まだまだ肌も弱い時期ですから、素材もオーガニックコットンなどの優しいものを選んであげると良いでしょう。

洋風であれば男の子はタキシード、女の子はドレスなど、選ぶ幅もたくさんあります。とくに女の子に人気のヘアバンドの形にお花などがあしらわれたヘッドドレスはとてもかわいいのでおすすめです。男の子なら蝶ネクタイなども可愛いでしょう。

一生に一度のお食い初めですので、衣装を買いそろえるとなかなか大変ですが、兵庫の写真館での撮影の場合は、さまざまな衣装が用意してあります。いざ着せてみるとイメージと違っていたというのはよくあることです。何着か試着してみて一番似合う衣装を探してみるのも良いでしょう。

素敵なデコレーションをして撮影を

綺麗な写真を残すときには、背景にこだわることも不可欠な要素です。最近は100円ショップなどでもたくさんの飾り付け用のリボンやバルーンなどを売っていて、お食い初めやハーフバースデーなどで素敵な飾りつけを披露されている方をよく見かけます。

せっかくの写真ですので、ただの白い壁では寂しいものです。やはり飾りつけをして気分を盛り上げてあげたいところです。デコレーションはなかなか技術が必要でハードルが高いという場合には、写真館で撮ることをおすすめします。写真館ではプロの作った本格的な空間で写真を撮ることができるため、できあがった写真は一味も二味も違うものになります。

お食い初めの歯固めの石は、通常その場の年長者である方が与えると言われています。つまりおじいさんおばあさんも同席したお祝いの場合であれば、男の子にはおじいさんが、女の子にはおばあさんが歯固めの石を与えることが習わしとなっています。

せっかく三代そろったお祝いをするのであれば、ぜひ撮影しておくのがおすすめです。 家族での写真はたくさん撮っているけれど、おじいさんおばあさんが参加した写真を撮る機会はあまりないのではないでしょうか。

兵庫にはそんな素敵な写真を撮れる写真館がたくさんあります。ぜひ皆さんでお揃いの衣装や和服等でおしゃれをして写真を撮ってみてください。きっと一生の思い出になるでしょう。

 

生後100日目の赤ちゃんは本当にかわいい存在です。そして、あっという間に6か月が経ち一年が経ち、歩いたり話したりし始めます。本当に一瞬で過ぎ去ってしまう赤ちゃんの時期の写真をたくさん撮って、忘れないようにしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧